DSC_0409


↑我が家の本棚(ごく一部)

毎年だいたい60冊は本を読んでいる、という話を以前友人にしたら、すごく驚かれた。

「仕事も家事もしてるのにどうやって読む時間を作ってるの?」ということらしい。

まあ、仕事は定時で上がれるし家事もできるかぎり手を抜いているとはいえ、読書に充てられる時間は限られている。

そんな中でどこから時間を捻出しているかというと…

「移動時間の活用」

これに尽きる。

通勤電車の中で本を読む人は多いけれど、私はホームで電車を待つ時間も読んでいる。むしろ、そのために早めに駅に向かう。あるいは一本見送る。

満員の車両だと本を開きづらいので、降りるとき改札や乗り換えのホームまで多少遠いとしても、なるべく空いた車両を選ぶ。

この積み重ねで1日15分読むとして、月~金の5日間で75分、2週間で150分。150分もあれば文庫本1冊くらいは読めるはず。

移動時間を味方につければ、旅行や帰省の長距離移動はもう格好の読書時間。1泊2日なら1冊は読み切れる。

家でゆっくり本を開く時間が取れない方は、移動時間を活用してみてほしい。